医療・ヘルスケアの発展に貢献することを目的として、IQVIAが有するインテリジェンスやデータを発信しています。

トップライン市場データ 

IQVIAは、ヘルスケア産業の発展、および社会の皆さまにヘルスケア市場についての理解を深めていただくため、メディアや医療・医学の研究に携わっている学術研究機関に情報を提供しています。 

日本のヘルスケア市場については、市場規模や薬効、製薬企業および医薬品の売上、処方、疾病に関するトップライン情報を公開しています。 

詳細はこちら

IQVIA Institute for Human Data Science 

米国本社にある研究機関の IQVIA Institute for Human Data Scienceでは、タイムリーな研究、洞察力の高い分析、細分化されていない患者レベルのデータを応用した科学的専門知識を通じて、客観的で適切なインサイトと研究を提供し、健全な意思決定とヒューマン・アウトカムの向上に不可欠な理解と革新を促進しています。 

詳細はこちら(IQVIA本社(英語)のページに遷移します)

Featured Report

Global Oncology Trends 2019

このレポートは、オンコロジー領域のパイプラインの生産性とアウトプット、新しい作用機序、そして新たな治療の恩恵に預かる可能性のある患者について調査しています。本調査では、世界的なオンコロジー領域の医薬品の支出、臨床試験活動、複雑さと成功、そして2023年までの展望に焦点を当てました。レポートでは、免疫療法、次世代バイオ医薬品およびバイオシミラーの参入による治療法の変化についても言及しています。

Emerging Biopharma’s Contribution to Innovation

新興バイオ医薬品企業(EBP: Emerging biopharma)は、初期段階の医薬品開発とそのパフォーマンスの根源を成しており、事業環境や医療システムにおけるこれらEBP企業と他のステークホルダとの関係は、多くの最新治療や医療技術の将来を決定する重要な役割を担っています。このレポートでは、EBP企業とEBP企業の新たな製品パイプラインの現状、臨床試験活動、および試験の成功レベルについて明らかにしています。さらに、本レポートでは、EBPの効果的な開発や新製品のマーケティングにつながる融資取引、戦略、組織構造に焦点を当て、EBPの全体的な展望を評価し、主要なトレンドが将来の成果をどのように形成するかに焦点を当てています。

The Changing Landscape of Research and Development

革新的な医薬品の開発は過去10年間で劇的に発展してきました。本研究は2018年の研究開発(Research and Development : R&D)の活動と展望、臨床開発プロセスの生産性レベル、そして主要な試験動向が今後5年間の臨床開発をどのように変えるかを評価しています。

 

 

 

 

The Global Use of Medicine in 2019 and Outlook to 2023

世界中医薬品の使用と支出に関する展望(global outlook)は、ライフサイエンス企業、保険業界そして人々の健康の見通しに影響を及ぼします。本レポートは、地域別、薬効別、チャネル別の視点に基づき、最新の世界医薬品市場を予測したものです。新薬の上市、バイオミラー、及びスペシャリティ医薬品の使用増加の影響を評価しています。また、デジタルヘルスツールの処方、人工知能と機械学習、次世代バイオ医薬品、臨床開発におけるリアルワールド・エビデンス(以下RWE)の活用といった、今後の数年間で医薬品の使用と費用に影響を及ぼす注目すべき10分野も取り上げています。