新型コロナウイルスに対する感染拡大防止ならびに事業継続のためのIQVIAジャパンにおける措置(更新)

5 29, 2020

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、弊社では、お取引先様や従業員および広く社会の安全と健康を最優先事項とし、各国と地域の政府・自治体・保健当局等によるガイダンス、ならびに弊社事業継続計画に基づくガイダンスを策定し、下記のとおり然るべき措置を講じております。

5月25日付けで政府による緊急事態宣言が全面解除されましたが、弊社では、引き続き原則在宅勤務・テレワークをはじめとするリスクの最小化に努め、感染拡大防止と事業継続を推進し、医療の継続ならびに患者の皆様に尽力してまいる所存でございます。

  • 各国と地域の状況を迅速に把握・対処すべく、本社危機管理対策チームおよび各事業の現場マネジメントによる定期電話会議
  • 各国と地域の最新情報に基づく従業員へのガイダンス・徹底
    • 原則在宅勤務・テレワークの継続
    • 業務上出勤が不可欠な場合も、事前の上長許可を必須とし、時差通勤・フレックスタイム活用の徹底
    • すべての自社業務のリモート化の推進
    • 集合形式のイベント・会議の中止・延期、ウェブによる代替等
    • 発熱等の風邪症状が見られる場合の休暇取得・自主隔離の指示
    • 業務上不可欠な場合の出勤前、医療機関・顧客等へ訪問前の検温
    • 業務上不可欠な場合の医療機関・顧客等へ訪問時のマスク着用、手指消毒等
  • 複数のプラットフォームを利活用し、医療従事者とのコミュニケーション等におけるリモートワーク体制の構築・推進
  • 新型コロナウイルスによる課題への対応・事業継続に向けた、各お取引先様との連携・協働

*医療機関等への訪問に際しては、当該施設・顧客等における方針を併せて対応
*在宅勤務等の就業のガイダンスは、お取引先様との合意の下、業務内容に応じ適切な形で決定