IQVIAは国家統計局、オックスフォード大学、UKバイオセンターと協力して、COVID-19感染調査を加速

4 23, 2020

本ページは、英国IQVIAが2020年4月23日に発表したプレスリリースの日本語訳です。
本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英文が優先します。原文の英語版は以下URLをご参照ください。

IQVIA Collaborates with ONS, Oxford University and UK Biocentre to Launch Accelerated COVID-19 Infection Survey 

英国の大手な臨床研究プロバイダーの1つであるIQVIAは、国家統計局(以降ONS:Office for National Statistics)、オックスフォード大学、およびUKバイオセンターと協力して、COVID-19感染と免疫に関する英国全国規模の試験プログラムを直ちに開始しました。IQVIAは、英国を拠点とする経験豊富な看護師に、参加に同意した方々からの血液サンプルとスワブの迅速な収集を支援しています。

COVID-19感染調査(CIS)は、保健社会福祉省(DHSC)によって本日(4月23日(木))に開始され、家庭から血液サンプルとスワブ検査を収集し、COVID-19の感染者数、抗体保有人数、および地域社会への感染率を通知します。

IQVIAの看護師チームは、ONSから今週より送られることになっている依頼に従い参加を選択した人々からの血液とスワブの収集を主導します。IQVIAの看護スタッフは、世帯訪問前にCOVID-19の定期的な検査を受けつつ、NHSの勧告に従い適切な基準の個人用保護具を装備します。

IQVIAは予約専用ホットラインを設置しており、参加者は個人の自宅内でIQVIAの看護スタッフが実施するCOVID-19テストを誰にも知られることなく予約できます。匿名化された血液サンプルは迅速な抗体検査のためにオックスフォード大学に送られ、感染検査のためのスワブはUKバイオセンターに送られます。

COVID-19 感染症調査の第1段階では25,000人を対象に検査が行われますが、今後12カ月で30万人まで検査対象が拡大される可能性があります。

IQVIAの全国展開する経験豊富な看護師チームを通じて、この意欲的かつ大規模な地域集団調査を実施することで、最前線のコミュニティNHS看護師と瀉血の専門医が、特別な治療を必要とする人々に提供を続けることができます。

COVID-19感染調査へのIQVIAの関与について、英国ゼネラルマネージャー兼北ヨーロッパシニアバイスプレジデントのTim Sheppardは次のように述べています。「IQVIAは、世界で直面した現代において最大となる公衆衛生での課題であるCOVID-19の理解に貢献できることを誇りに思います。この加速度的に実施される集団調査を可能にすることで、政府による検討のために英国における集団での感染と免疫に関する重要なエビデンスを提供し、政府はパンデミックへの取り組みにおけるネクストステップを把握することができるようになるでしょう」。

「私たちの看護チームは、NHSと協力して30年にわたり、患者の皆さまの治療支援経験があります。この集団調査は時間的に重要な作業であり、COVID-19と戦い、このパンデミックの流れを変えるためにヒューマンデータサイエンスを駆使するという私たちのグローバルなミッションの一つです」

今回のコラボレーションについて、国家統計局のサーベイオペレーションズディレクターPete Benton氏は、次のように述べています。「IQVIAの専門知識とケイパビリティを利用して、英国のCOVID-19パンデミック対応における重要な瞬間に、この必要不可欠となる調査の実施へご支援いただけることに感謝しています。」