【米国本社発表プレスリリース】IQVIA、フォーチュン「世界で最も賞賛される企業2020」に選出

1 21, 2020

本ページは、IQVIA米国本社が2020年1月21日に発表したプレスリリースの日本語訳です。

グローバルのニュースリリースには、日本で正式展開していない内容に関する場合がございますことを予めご了承ください。

本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英文が優先します。原文の英語版は以下URLをご参照ください。

https://www.iqvia.com/newsroom/2020/01/iqvia-named-to-fortunes-2020-list-of-worlds-most-admired-companies

コネチカット州ダンベリー、ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク--(BUSINESS WIRE)-- IQVIA™(NYSE: IQV)は、今年もフォーチュン誌が発表する「世界で最も賞賛される企業」に選出されました。弊社は、2016年のIMSヘルスとクインタイルズの合併から毎年この栄に浴しており、ヘルスケア部門(製薬業その他サービス)で、企業資産の賢明な活用、経営における質の高さ、世界での事業運営の有効性、また長期的投資先としての価値などの点において高く評価されたことにより受賞と相成りました。

IQVIA会長兼CEO、アリ・ブースビは次のように述べています。「IQVIAは、3年連続でFORTUNEの世界で最も賞賛される企業としてのリストに掲載いただきました。この度の栄誉は、世界中の社員65,000人によるイノベーションへの取り組みと意欲に対する表彰であると認識しており、またこの賞によって更にそれらが強化されるものと考えています。この取り組みと意欲を持つIQVIAの社員達はみな、ヘルスケアのアウトカムを改善する革新的なテクノロジーや分析の進歩によるベネフィットの提供を通じ、お客様や、医療従事者、保険者、そして患者の皆様へのご支援に尽力しております。

フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」は、企業の世評に関する最も確実なレポートです。1997年以降、フォーチュン誌は、企業の選定、特定、ランクキングを行っており、これらの企業が周囲から高く評価されているビジネスプラクティス(商慣行)を明らかにしています。

「世界で最も賞賛される企業」の調査手法

企業評価はフォーチュンとコーン・フェリー社で協同調査しました。まず、収益でランキングされた米国の大企業1,000社、そしてフォーチュンのグローバルデータから収益10億ドル以上の米国籍以外の企業500社の合計1,500社を対象としました。その後このリストから、各業界で最高益を上げている、30カ国合計680社の企業を選出し、その中からトップに格付けされる企業を選出しました。

コーン・フェリー社は、52業界において最高とみなされる企業を特定するために、それぞれ同じ業界の企業幹部、取締役、そしてアナリストに対し質問し、その業界における企業を人材管理や製品の質や投資価値から、企業の社会的責任や魅力度に至るまで9つの項目で評価するよう依頼しました。選出されるには、その業界の上位50%に入る総合スコアが必要です。

IQVIA について

IQVIA (NYSE:IQV)は、ヘルスケア業界のお客様がより優れたソリューションを患者の皆さまへ供することを、情報や革新的テクノロジーおよび臨床試験サービスを提供することによって支援する世界的なリーディング企業です。IMS HealthとQuintilesの統合により誕生したIQVIA は、ヒューマン・データ・サイエンス-分析の精緻さとデータサイエンスの明晰さを、拡大し続けるヒューマンサイエンスの領域に対し活用すること- を用いることにより、ヘルスケア企業の皆さまが臨床開発とコマーシャル領域における新しいアプローチを改めて思い描き発展させ、イノベーションを速め、ヘルスケア・アウトカムの改善を更に加速させることを支援します。私たちの原動力である「IQVIA CORE™」によって、実務実行力と同様に、私たちIQVIAは大規模な分析、革新的なテクノロジー、そしてスペシャリストによる幅広い専門知識、これらが交差する地点に、実用的且つ唯一無二のインサイトを提供しています。IQVIAでは6万5,000人が世界100以上の国と地域で活動しています。

IQVIA は、患者の皆さまの個人情報保護の分野においても世界をリードしています。ヘルスアウトカムを発展させるのに必要な情報を収集し分析する一方で、様々なプライバシー保護のための技術や安全対策に取り組んでおります。IQVIAが持つインサイトや実行力は、患者の皆さまの治療・治癒の実現を目指すバイオテクノロジー企業、医療機器メーカー、製薬企業、医学研究機関、政府機関、保険者その他の医療関係者の皆さまが、疾患や人間行動、サイエンスの進歩を追求するのにきっとお役に立てるものと考えております。IQVIAの詳しい情報はこちら(www.IQVIA.com)をご覧ください。日本向けのURLはこちら(www.iqvia.co.jp