【IQVIAジャパングループ】臨床開発事業本部長の役職変更に関するお知らせ

12 18, 2019

IQVIAジャパングループ(本社:東京都港区、会長:湊方彦)は、令和2年1月1日付けをもって、臨床開発事業を統括する臨床開発事業本部長の品川丈太郎が、新たに日本におけるチーフ・メディカル・オフィサー(CMO:Chief Medical Officer)へ就くこととなり、IQVIAの日本における臨床開発事業は、アジア太平洋地域で同事業を率いるバヴァーニ・シヴァリンガム(Bhavani Sivalingam)が統括することを発表しました。

役職変更(令和2年1月1日付け)

氏名 新役職 現役職
品川丈太郎 チーフ・メディカル・オフィサー(CMO:Chief Medical Officer) 臨床開発事業本部長

 

加速度的に高度化が進む医療・ヘルスケア分野において、IQVIAでは磐石の態勢でお客様への支援に適うご提供価値を創出すべく、医療分野の専門知識と経験をグローバルに集約・強化しております。

この度の品川丈太郎のCMO就任はその一環にあり、グローバル本社において世界各国で活動するメディカルドクターの英知が集まる「グローバル・チーフ・メディカル・アンド・サイエンティフィック・オフィサー」のチームの一員となることで、これまで以上に医師としてのより高い専門性をもって、IQVIAのすべての価値創造の原動力「IQVIA CORE(データ×テクノロジー×分析力×医療ヘルスケアにおける専門知識)」を駆使する事業活動の推進にあたっていきます。

また、今後日本の臨床開発事業はアジア太平洋地域を中心にグローバルとの連携をより一層図ることにより、日本国内のお客様のグローバル展開のご支援や、弊社グローバルネットワークの活用により、お客様への更なる効率化の実現や高い品質をもってサービスのご提供にまい進する所存です。

IQVIA について

IQVIA (NYSE:IQV)は、先進的かつ高度な分析力と機能、革新的テクノロジー、および臨床試験サービスをライフサイエンス業界の皆さまへ提供する世界的なリーディング企業です。IMS HealthとQuintilesの統合により誕生したIQVIA は、ヒューマン・データ・サイエンス(分析の精緻さとデータサイエンスの明晰さを、拡大し続けるヒューマンサイエンスの領域に対し活用すること)を用いることにより、ヘルスケア企業の皆さまが臨床開発とコマーシャル領域におけるこれまで無いアプローチを、新たなイマジネーションの下で発展させ、イノベーションを速め、ヘルスケア・アウトカムの改善をより一層加速させることを支援します。私たちの原動力である「IQVIA CORE™」によって、IQVIAは実務実行力を伴いながら、大規模な分析、革新的なテクノロジー、そしてスペシャリストによる幅広い専門知識、これらが交差する地点に、実用的且つ唯一無二のインサイトを提供しています。私たちIQVIAは、現在6万5,000人が、世界100以上の国と地域で活動しています。

IQVIA は、患者の皆さまの個人情報保護の分野においても、世界をリードしています。医療関係者の皆さまが、疾患のパターンを特定し、より良いアウトカムの実現のために必要である明確な治療方針や治療法の関連づけに資する規模での情報を収集・分析すると同時に、様々なプライバシー保護のための技術や安全対策に取り組んでおります。IQVIAが持つインサイトや実務の実行力は、治療・治癒の実現に向かい尽力するバイオテクノロジー企業、医療機器メーカー、製薬企業、医学研究機関、政府機関、保険者やその他様々な医療関係者の皆さまによる疾患そのものや人間の行動、サイエンスの進歩に対する更なる理解の深耕を支援します。IQVIAの詳しい情報はこちら(www.IQVIA.com)をご覧ください。日本向けのURLはこちら(www.iqvia.co.jp

本件に関するお問合せ先

IQVIAジャパン グループ

広報マーケティング統括部