第19回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMAで登壇します

8 28, 2019

第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2019 in YOKOHAMAのシンポジウムで、IQVIAジャパンが講演・座長をすることとなりました。

【会議名および開催概要】
会議名称:第19回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA
テーマ:患者を中心とした臨床試験のあり方
開催日・場所:2019 年 9 月 14日(土)~15日(日)パシフィコ横浜
大会ホームページ https://convention.jtbcom.co.jp/crc2019/

[シンポジウム1] 臨床試験のスタイルは変わっていく

  • 演題:新しい臨床試験スタイル ~バーチャルトライアルの実現に向けて~ 
  • 番号:SY1-2
  • 演者:氏原 真美(IQVIAサービシーズ イノベーション・オフィス)
  • 日時:9月14日(土)10:00~11:30
  • 場所:第2会場 501+502(5F)

[シンポジウム7] 患者のニーズ「治験はどこで?」に応える

  • 神山 和彦(IQVIA サービシーズ ジャパン株式会社)が座長を務めます。
  • 日時:9月14日(土)16:50~17:50
  • 場所:第4会場 303+304(3F)

[シンポジウム8] 医薬品開発への患者参画

  • 神山 和彦(IQVIA サービシーズ ジャパン株式会社)が座長を務めます。
  • 日時:9月15日(日) 9:00~11:00 
  • 場所:第2会場 501+502(5F)