Live Webinar
新春企画:第2回IQVIA 新時代MRセミナー『IQVIAソートリーダーがひも解く平成年間から令和の医薬品市場の30年』
Event
Date
January 20, 2020
7:00PM - 7:50PM
Calendar

~イノベーションが創造し続ける医薬品業界の進歩と未来~

医療・ヘルスケアにおけるソートリーダーとして、IQVIAが製薬企業をはじめ行政、アカデミア、メディア等へご提供している市場レビューを、MRの皆様向けに特別にカスタマイズしてお届けいたします。

日時

2020年1月20日(月)午後7時~7時50分
*ライブ配信後は、オンデマンド(録画)版をご視聴いただけます。

先着お申し込み特典(500名様限定)

IQVIA市場レポート『平成時代の国内医療用医薬品産業:イノベーションが支えた医療と健康』を進呈

概要

日本の医療用医薬品市場は、平成の始まる前年1988年の市場規模約5.0兆円から、平成の30年間でほぼ倍増し、2018年には10.3兆円に達しています。

その要因として、医薬品におけるイノベーション、病気の発生率、人口動態という3つの要因が影響しており、今後もそれらが医薬品市場に影響しつづけると予測されます。
一方でここ数年をみると、国によるさまざまな社会保障費抑制施策を背景に、日本の市場成長率は先進諸国のなかで唯一マイナスに転じており、今後の市場動向を見据えた企業活動のあり方が模索されています。

本セミナーでは、IQVIAジャパングループのソート・リーダーシップ部門より、市場分析のエキスパートを講師に、わが国の医薬品市場および製薬企業動向の平成史を総括するとともに、新時代における展望をお届けいたします。
また、医療・ヘルスケアを取り巻く環境変化が早く、大きくなる中、個々のMRにも市場を大局的に捉え、先を見据えた活動やそのためのスキル向上が求められるようになっており、旧IMSと旧クインタイルズで培った情報・分析力・テクノロジー・専門性の総合力を持つIQVIAが捉える、新時代のMRへのヒントについても解説いたします。

Key Takeaways

  1. 平成における国内医療用医薬品市場動向の総括
  2. 新時代における展望
  3. 新時代のMRに向けて備えておきたい能力とヒント―市場を見通す力 

 

講演者:

高山 莉理子

Real-World & Analytics Solutions ソート・リーダーシップ

【講師略歴】
東京大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学修士課程修了
2004年ニッセイ情報テクノロジー会社入社後、DPC分析システムの企画開発を行う
2008年IQVIAの前身となるアイ・エム・エス・ジャパン株式会社に入社し、2015年より現職
米国IQVIAシンクタンクとの連携により、医薬品市場分析レポートの発行や市場予測など、製薬企業をはじめ、広く行政・アカデミア・メディア等に向けたソート・リーダーシップ取り組みを推進
小黒 一正・菅原 琢磨 編著『薬価の経済学』(日本経済新聞出版社、2018年)共著