中枢神経領域での新薬開発における挑戦

IQVIAは医薬品開発のプロフェッショナルとして、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症などを含め中枢神経領域の新薬開発を促進いたします。中枢神経領域における試験での世界中200万人の患者情報に基づき市場動向を分析しており、当社の次世代臨床開発ソリューションにより、目標をいち早く達成することができます。この開発モデルは、高度な分析を適用しており、より高い精度の結果と予測可能性を提供します。

中枢神経領域における医薬品開発における成功実績は、以下のような他社との差別化要因によるものです。

  • 患者擁護団体とのつながり
  • 難易度の高い試験での組み入れ実績
  • プラセボの反応率を減らす取り組み、被験者募集が困難な試験での患者獲得のための方策、被験者の試験中止を減らす取り組みを通じた試験効率の最適化
  • 試験計画に影響するような重大事項を予測可能なプロトコル設計

当社はこれらの取り組みをもって中枢神経領域における新薬開発を加速させるお手伝いをさせていただきます。