Risk Based Monitoring (RBM)

最近の規制ガイドラインの動向に伴い、リスクに基づくモニタリング(Risk Based Monitoring : RBM)の手法を治験に採り入れることは、事実上の業界標準になりつつあります。IQVIAは業界をリードする企業として、みなさまが実施するRBMを採用した治験を成功に導くための支援を致します。

IQVIAの次世代型RBMソリューションは、最新のテクノロジーと分析技術の採用によってリスクを管理し、患者さまの安全性の向上を図ります。また同時に治験の品質を改善し、さらに、最大25%のコスト削減の可能性を提供いたします。その中心となるのは、当社の革新的なCentralized Monitoring(中央モニタリング)テクノロジープラットフォームを用いたワークフローの自動化です。これによってデータの流れがよりスピーディーになり、業務効率が改善し、治験のアウトカムの改善が図れます。

  • リスクベースの考え方に基づき、また新しい予測性のある最新の分析技術を用いることで、潜在的な問題点を事前に特定します
  • データの1本化と自動化されたプラットフォームによって、よりスピーディーで、より多くの情報に基づいた意思決定を可能にします
  • ほぼ全ての治療領域、あらゆる治験の相において、有効性が実証されています
  • 効率の改善、患者さまの安全性の向上、治験品質の改善、高コスト削減率が証明されています