メディア掲載:IQVIAジャパンが発表したトップライン市場データが掲載されました

この度の発表内容は、「2018会計年(2018年4月~2019年3月)、2019年第1四半期の国内医療用医薬品市場」になります。

IQVIAジャパングループでは、四半期毎に国内医療用医薬品市場の概要を「トップライン市場データ」として発表しています。

IQVIAジャパン トップライン市場データはこちら

  • 「AnswersNews-国内医薬品市場、18年度は1.8%減の10.33兆円…薬価改定響き2年ぶりに前年割れ」の記事(5月21日付)はこちら
  • 「日刊薬業-1~3月、「アバスチン」が首位  IQVIA集計の国内売り上げ」の記事(5月21日付)はこちら
  • 「日刊薬業-18年度の国内医療用薬市場、2年ぶり前年割れ  IQVIAまとめ」の記事(5月21日付)はこちら
  • 「Pharmacy Newsbreak-18年度の国内医療用薬市場は2年ぶり前年割れ  IQVIAまとめ、薬局市場も3.6%減」の記事(5月21日付)はこちら
  • 「ミクスオンライン-18年度の国内医療用薬市場 1.8%縮小 平均7.48%の薬価下げを新薬押し戻し」の記事(5月22日付)はこちら
  • 「RISFAX-IQVIA 19年1~3月はアバスチン首位、ゾフルーザ10位に」の記事(5月22日付)はこちら
  • 「PHARMA JAPAN-Japan Pharma Market Shrinks 1.8% in FY2018: IQVIA」の記事(5月22日付)はこちら
  • 「CBnews-抗がん剤の売上額、1兆2千億円超え - 18年度、IQVIAジャパン調べ」の記事(5月22日付)はこちら
  • 「日刊工業新聞-昨年度の国内医療用医薬品、10兆円超も前年度割れ」の記事(5月28日付)はこちら
  • 「日経産業新聞-中外のアバスチン、2年連続首位。」の記事(5月29日付)は紙面のみ掲載
  • 「医薬経済-薬価改定の影響強く7割が減収」の記事(6月1日付)は紙面のみ掲載

Expand For More